H17年度    H18年度                      102戦56勝46敗                             ★写真をクリックしてね★

日時 内   容 対戦相手 結  果 勝敗 戦    評 photo
2/25 柏レイソルカップ 開会式
法典東 27−46 初めの一戦で勝たなければ優勝の望みが消えてしまう。
1Q5−2 全員で攻撃できているものの入りません。相手に170CMの選手がいるのに工夫がないです。リバは取られてしまいます。
2Q8−12 セレクション悪すぎで完全に押してはいるものの 点につながらない。前半13−14での折り返し
みんなの気持ちはひとつになっているのか・・・どうしても勝ちたいのに
失点ばかり。何をがんばるか・・・・そこがない。
攻めも消極的で、守りもプレッシャーが足らない。
3Q8−18 ゲームの流れって言うのは、ちょっとした事で変わる。いつもやらないプレーに挑戦して成功!その後、盛り上がるだろう。でも、挑戦する勇気があるかないか。流れを取り戻すための努力をしたのか。
4Q6−14 シオが170CMの選手のDFミスでファウルアウト!残念
最後まで戦ってほしかったが・・・
キタのDFはさすがにキャプテンらしく ガッツがあった。
他のメンバーもそうだが、DFをがんばった見返りにOFの方でのチャンスが生まれるんだから、それをうまくつかんで自分のチャンスにしてほしい。守るだけでは、勝負には勝てない。
得点王はリョウ シュート率最悪の中 4/6 ひとり真剣だった。
八街南 36−40 仕方ない一戦目を負けてしまったのだから、3位でも・・・と発進。
今年 3回目の対戦 前回は大きく勝っている。
ところが1Q8/14 
出たいって気持ちだけではダメなんだよ。大事な試合なんだから。練習でハッスルしたって、試合でメソメソしてたらダメなんだよ。
2Q11−8 シオの頑張り
前半 19−22 負けでの折り返し。
3Q6−6 4Q11−12 なんとか粘ってがんばったが、決めたい時のシュートが入らず・・・・14番に10点も決められてしまうツメの甘さ。
残念 無念の敗北!
得点王はシオ。ただし5/15 
シュートはどんなときも自分のルーティンがなくては入らないんだよ。だせいで打ってリバを取られ、失点につながる事は防ごう。練習あるのみ
我孫子 107−12 全員バスケを予告。1Q 19−4 ジョウ投入惜しかった、得意のロングを放つが0/2 2Q 28−2 タロ投入 タク・ギン・ケイのDFトリオで頑張った。
3Q 予告しておいたにもかかわらず、5年がユニフォームを着ておらず・・・急きょムカ、リョウ2回目の投入 あーあ。
いいね〜 モリが流れを作っていた。10−6。
4Q 目的は100点突破。どうして今までに経験ないんだろうと残していた課題をここでやらせて頂きました。50−0 。
得点王はシオ 見事1Q出場で20点取った。
                 ありがとうございました。                      応援団の皆様
最後の声だしーーーーーーー!
2/5 招待交流試合 小倉台 41−62 1Qのメンバーが悪すぎました。全く何もしていないヤツがいます。
23人のなかから選ばれた人だと言うことが全くわかっていない!
4−23。1Qに差がつくとその試合は負けるって散々言っているにもかかわらず、一本を大事に出来ない。
上の三人は切磋琢磨出来ない三人になっちゃったのか・・・・淋しいことです。OF/DFともに、連携できない。終了後、即座反省会。

2Q 8−16 攻撃はムカ、トクのみ キャッチミスや保持ミスなどのイージーなものが目立ちます。差は縮まらず、27点差。厳しい
3Q 10−14 リョウ、シオ、トク 三人しかいないようで・・・・他のメンバーは存在がない。
4Q 19−9 やっと5人全員が攻撃に参加。もっと早くやってくれー
追い上げ虚しく、敗北。
得点王は リョウ速攻からの得点12点。
次点はシオ&トク 8点  
MVPはトク 積極的との評価
フリースロー大会    チーム賞 戸田 佐野につづき・・・なんと松戸ベアーズ
               タロは4位入賞 スゴイ
小金原ミニ 59−20 とにかく1本目にあまりにも出来の悪かった3人がいますから、
1Q2Qをキタ&シオで、がんばってもらう戦法に変更。
さすがに1試合目に、叱咤しただけあって、全員が攻撃に参加!
1Q9−6 シオとトクは外しまくってますが・・・
2Qベスメン 24−0 リバ&インターセプトからの速攻が目立ち、リョウ爆発。他メンバーも自分の形をうまく出せました。
前半折り返し、33−6 さあここからが勝負です。
この得点差を何とか守りきってほしい 君たちに・・・・
3Q 16−4 セレクションは問題あるものポジティブでした。
4Q リバ強化でトク投入。活躍してくれた。 
10−10。途中、勝ってるにもかかわらず、追い上げてくる向こうのムードに押され、自敗、ミスが目立ちます。ギン脱落か 攻撃に参加できず。身体の調子悪くとも自分のバスケをせよ。自分に出来ることがある。
みんなの代表だということを忘れるな。自信持っていけ! 
得点王は リョウ16点 速攻からの得点が多い。よく走った。
次点はモン 率が悪いものの自分でセレクションしたシュートでの得点は評価高い。どんどんいけ!
MVPはシオ すべてに於いて評価高し!本人も満足
南行徳
新チーム2Q
ビブス0−66 すごすぎる なんぎょう。技術に差がありすぎます。
なんにも出来ず、完敗です。
2/4 対外練習試合 柏選抜 26−55 薬円台戦と同じ、キャプテン心ここにあらず・・・
行事の関係で、9人しか参加できず、厳しい状況だったのだが、そんな言い訳はいらない。
私的な用事で、試合の始まりを留守にした。この時期だから出来る事。
キャプテンに指揮一切をまかせ、やらせてみたのだが、到着した3Qは負けている状況だった。11−30
「どうした?」とベンチに聞くと、「抜かれまくった」と返答。
各チームの心の強い選手の集まりだけに、気合い負けらしい。
この試合から関東予選以降、試合出場を休んでいたシオが復帰。休んでいたとは思えないフットワークで、率は悪いものの得点王に輝いた。キタは2/4と地味に活躍していたのだが、セレクションがネガティブ。
もっといけー!
試合後のミーティングで、自分たちのバスケの形を確認。
52−36 反省は実になったか。
。ずっとがんばってきた意地をみせろ!でキタはポジティブに!4/9、フリースロー3/4 で11点。
1Q8−11 2Q16−16 
1Qの始まりにムカがロングシュート3/4で活躍!チームの起爆剤となり勢いをつけた!
その勢いに乗り、2Qには5/5という絶好調のトク。
精神的に勝ったこの勝負は、3Q14−9 4Q14−0と最後は完封。
気持ちひとつで簡単に変わってしまう。
アピール満点のキタだったが、この試合、トクが12点で得点王。惜しくも逃した。ガンバレキャプテン!
MVPはシオ すべてにおいて評価高い!おいおい復帰していきなりだよ
みんな悔しくないのかーーーーーー?!
2Q 8−20 先ほどの試合とはうってかわって、ミスをしても「集中しよう」のキャプテンの声もなく、良いとこなしの敗北。
体力的にも限界か・・・・
体力は限界でも声だけは出すんだ!
1/28 対外練習試合 薬円台MBC 30−36 1Q9−6 2Q5−8 3Q6−8 4Q11−12 
なんとかがんばってほしかったですが、シュートミスよりパスミス!
「自分が基点になろう」じゃなく、「だれかお願い」精神でしょうね。

自分じゃなくても誰かがやってくれる・・・いつもそう甘えているから勝ちはついてこない。

準備から片付けまで、うまくいかず。
この日一日は、まるっきり声に元気なし。
ハツラツさはなかったね。
MVPはギン ガッツがあったとの評価。
23−52 弱虫発揮で人に頼りすぎなところが多く目立ちました。
なぜだろうか・・・・・
なさけない
みんなが「もうダメだ・・・・」なのでしょうか。

1Q5−12 2Q2−12 3Q6−18 4Q10−10
この試合のキャプテンは心ここにあらず。最後までみんなをひっぱらないでどうする! 身体が限界でも心は元気に、しっかり声出してがんばってほしい。ガンバレキャプテン。みんなもしっかりもり立てろ。
ビブス31−52 4−6年です。1Q2−14 2Q2−16 3Q6−12 4Q16−10
5年が頑張り、オカ6/9 ショウ2/6 モリ4/5 
4年はジュン0/2 ミヤ0/2 です。
6年ゴン1/1 ジョウ0/1 タロ0/0
相手は新チームでしたが、歯がたたないです。
1/22 対外練習試合 小栗原小 44−40 接戦4戦目にして、やっと勝てた!
実に12戦1勝11敗だっただけに、すごくうれしい勝利!
これが練習試合じゃなければ・・・ま、仕方ない。とにかくやっとキタチームに笑顔が出た。よかった。
1Q14−9 積極的に攻める 2Q8−6 まだまだ弱虫・・・
3Q 12−10 4Q10−14 スタミナ不足だが、集中して守れ!と激叱咤 
「のこり1分」とコートの中から声かけ、何とか守りきった。
背で勝っていたので、リバがとれた。
トク 得点王 17点 次点はキタ・ギン・モン 6点
まだまだ、DFに課題あり。
ビブス16−12 5年チーム。とはいえゴン、タロ、ジョウ含む。
タロ・ジョウ以外はシュート率が悪すぎる。
打ちまくり外しまくり・・・・で1Q4−10 2Q12−2 逆転成功。
地獄の特訓じゃ
67−44 ビブス戦の間に昼食を取る。
「腹が減っては戦は出来ぬ」ガリガリ軍団には、食べてすぐでも大丈夫なようだ。エネルギー満タンで走る!走る!
リョウ、大爆発。リバに速攻に大活躍。
1Q28−10 2Q9−14 ボール運びに課題 Gにつかまった。
3Q14−12 4Q16−8 
終わってみれば、得点王はリョウ 28点 こりゃ驚いた。MVPも!
モン13点・ギン9点・キタ8点
キタチームでこれだけとれたのも、初。
まだまだ、つまらないDFミスで失点が多いが、今回はとにかくスピード速攻でもっていった。向こうもスピードがあるので、後半は速攻を防がれることが多くなったが、1Qの18点差が最後まで功をそうした。
いやいやいやいや・・・やっぱり勝利ってうれしいじゃないかー
これを続けよう。
1/15 県ミニバスケットボール大会
予選リーグ
富浦ダンク 40−42 何とか勝ちたかったが、残念だ。
全員が集中し、しっかりと戦ったのだが、部分部分でミスが命取りに・・・リバももう少しとれても良かった。
全員バスケには至らない。全く機能していないメンバーもいる。
少しでもほんの少しでも、荷担してくれたら、もっとイケタ。
理想の8割しか発揮できず、敗北・・・・
ラスト、延長戦の構築も出来ていたが・・・残念無念!
得点王は2名 フィールド10点 ケイ サイコー!MVPだぜ
      フィールド8点フリースロー2点 キタ
宮本 17−36 気持ちが切りかわらないまま、試合を始めたらしい。
すっかり話し合い、意欲満々で臨んでいるのかと思っていた。
たちあがり、「集中してしっかりガンバレ」と送り出したが、
スタミナがないもんだから、集中力はない。
しかも、どよーんとした気持ちのままなもんだから、宮本の厳しいプレッシャーにやられた。
1Q2−10 2Q0−4  前半2−14。前半のこの差は痛い。
モチベーション勝負だから、後半は勝ちたいと思う気持ちの強い5人(立候補)を送り出した。7−12。4Q 8−10。追いつかなかった。
さすが宮本、うちは背で固めたら、アウトサイドをバンバン決めて
着実に点を重ねていった。
1Qから気合い一発、集中がなかった為の敗北。
シュート率はここ一番最悪。
率は悪いが得点王は評価しよう リョウ 8点
1/9 招待練習試合 ブラックローズ 31−61 たちあがり、0−15。何を考えているのか・・・・
フロントへきちんと運べ!といってる間に、終了。
とうとう、チームの形を思い出す前にゲームセット。
1試合目は体が硬かったモンが一人奮起。19点取って得点王。
他のメンバーはすでに2試合目で、グロッキー。体力なさ過ぎです。
体力というか、動かす筋がないんだよ。
相手チームさんが勝って喜び「夏は何点差で負けた?」との会話。
うちは明らかにチーム力は落ちてしまったのか。
言い訳セリフを吐きたくない。みんなで勝ってもらわなきゃ、ダメなんだよ。MVPはキタ。キャプテンらしく、最後まであきらめていなかった。それにみんなはついてこない・・・
二ツ塚ロケッツ 34−36 前半15−12で折り返し、3Qに8−14とやられてしまった。
リバもとれず、Eに抜かれ放題。
ホントに毎回言うのだが、勝ってる時に油断する。
シュート率は5割近いのだから、かなり集中していたと思う。
が、自発的な個技術の練習をしたがために一生懸命になりすぎて
本来のチームのバスケはできてない。
なぞだ。
得点王は9点でリョウ 7割。次点は8点タク。タクの持ち味十分発揮。みんな率がいい中で、伸び悩むマイコンくん。ガンバレ!
MVPはタク  DFの評価。さすが鉄壁だ。
12/24 招待練習試合 矢切メープルズ 52−26 本日の一声「あいさつをきちんとしろ!」から始まる
あしなみ揃えて、うしろにうしろに・・・と下がりたがる!
朝から喝! してしまった。

相変わらずのシュート率の低さで、攻撃に幅がない。
1Q 18−4 2Q 11−10 3Q 12−4 4Q 11−8
第2、第4とに追い上げられてしまうのは、気持ちにスキがあるからだ。
スタミナも課題。根性でカバーできるほど勝負強さはない。
このチームは、どうなっちゃったんだ。

4Qでの得点王はギン、一点差で次点キタ。
MVPはキタ&ケイ
復活を喜びタクに票もあった。
2Q 16−21  1Q 12−5 2Q 4−16 初めのゲームと逆で順で出たにもかかわらず、なんと、同じような結果。
やはり、こころにスキ。油断して臨む。
順応しやすい性格だけに、相手のペースに飲まれやすい。
この2Qはモンが得点王。8点
ビブス ゴンのいろいろな場面での活躍が目立った。
最後の詰めを誰かがやってくれれば、うまく機能するのだが・・・
ミヤ、ナイスシュートだった。4年生もだいぶ試合に慣れてきた。といってもまだ、何戦もしていないが・・・
12/23 対外練習試合 市川鬼高小 26−33 余裕で戦えるはずの1.2Q。
どうして、こうなってしまうのか・・・
前回の試合と同じく2Qはうちまくりはずしまくり・・・・1−9
どのような気持ちで、シュートを放っているのか・・・
しかし、DFの新隊形はなんとなくうまくいきそうだった。ここで習得できると後が楽だ。
OFの空回り状態の歯車がうまく合ってくることに期待!
得点王はキタ   MVPはキタ&ケイ
やっと努力が実を結んできたか、キタに結果がついてきた。
市川大野MBC 36−61 前半は1Q 7−15 2Q 11−13 計18−27
さすが大野。スタミナもある。4Qに伸びてきて8−20。
3Qに28−41と、なんとなくこちらのムードになった時に、心にスキ、油断がでた。完全にのまれた。
まけて悔し涙をながすCAP。
みんなあしなみ揃えて、淡々としていないで、CAPについていけ!
自分から飛び出せ、抜け出してこい!
得点王はリョウ MVPはキタ&ケイ
12/17 対外練習試合 柏井MBC A 18−35 7連敗中・・・・・負けることが当たり前のチームに、というより勝つことには興味のないチームになったようだ。
Aの方は全くリバがとれない、身長はどっこいのはずなのに、気持ちナシ!確実にボールをものにしたければ、ブロックアウトするだろうし
ボールの流れを考えるだろうし・・・
DFも守備的マイナス傾向な守り 下が弱いから上もカバー気味になる・・・と言うことはどちらにしても下の選手が ダメだったということか。なかなか守護神は育たない。自分が守護神になるって言うヤツもいない。ファウルしてでも、得点を守ってやる!なんて勝ち気なのもいない。
OFは、なんでこそこそーーーーーーってしてるのか、迫力のない攻撃方法をセレクションする。それでも、要にかわる存在ニューヒーローのマイコンくんの出現でなんとか頑張れた。自信がある相手じゃないとハッスルできないこのマイコンくんだけに、今日ははじめから積極的だった。しかし、まだ、得点力は確実なものじゃないだけにゲッターにはまだなれない。でも、バスケがわかってきたようだ。良いタイミングで攻撃できる。MVPはケイ
2Qの0−13が効いたな。まったく得点がとれないなんて非だ。

Bの方はいろいろ課題は多い。
自分には何ができるのかアピールの場
熾烈なレギュラー争いは続く
B 22−35
12/10 スポ少ミニバス教室      東葛大会 予選リーグ 南行徳 23−51 1Q 4−16 2Q 8−13 3Q 1−18 4Q 10−4
シュート率は更に悪化。4/9 1/6 0/6 1/5 
やはりこの試合もキタとギンが頑張った。
同じ相手に連続して同じパターンで決められるこの学習能力のなさ。4年や5年でそうであればこれから頑張っていこうと言えるが、
6年のこの時点でこの現状は、本人が自覚してくれる以外は方法がない。何が大切かをよく考えて行動しなければならない。
っていっても、うわべだけしか理解していない子はそれが自分かどうかに気づかないから、進歩しないんだ。
前回練習試合で80点取られた。 キタ、リョウ入れて 今回51点
30点失点は減った。しかしオフェンス力は変わらない。
今の現状でこれがいっぱいだ。気持ちも技術ももう一歩 前進しなくては、このまま 最終決戦を迎えてしまうぞ。みんな!時間を感じろ!
得点王はリョウ しかし率の悪い得点王だけに、全部入っていればもっと活躍できる。3/11で得点王だなんて、王とはいえない。
MVPは ケイ DFを頑張っていた。後は気持ち次第だ。
印旛スパーズ 32−48 1Q 6−12 2Q 7−12 3Q 13−12 4Q 6−12。
残念です・・・・キタ、ギンはとてもモチベーションが高く頑張っていました。 この2人の為にも神様に勝利をプレゼントしてほしかったのですが・・・他のメンバーがどうにもこうにも。(´ヘ`;)ハァーーーー
シュート率 3/11、1/8、1/4とか シュートを打つチャンスを
確実にものに出来ない。1本1本を大切にうってほしい。外すなら
リバウンドまで自分でいけ!
得点王はリョウ 確率的にはギンが上、打ちまくり外しまくって、王だなんて恥ずかしいが現実はこうなのだ。
MVPは キタ 攻守共に頑張った。彼に結果がついてこないのが残念だ。
11/26 対外練習試合 松戸二中 33−45 記念すべき80戦目は、OB達の多い二中戦。
悔しい南行戦があってこの試合がある。
同じ失敗は許されない。
シュート率は悪い。
1Q VS2年 6−16。2Q VS1.2年混合 3−16。
ここまでで9−32。リバも競り負け、速攻をバンバン決められた。
しかし、攻められなかった訳じゃない。逃げのシュートばかりじゃ入らない。
3Q VS1年 14−3。4Q VS1年10−8。後半は24−11で勝ち!
マッチョパワーさく裂!前回の外しまくりから一転
トクが9/13で得点王&MVP!
11/23 招待練習試合 南行徳 26−80 パワフル4人が休み。厳しい状況でも出来ることをすればよい。
しかし、負け方にもほどがある。DFがひどすぎる。
2Qの選抜に対し、こっちはいつものメンバーじゃないメンバーで、やるしかない。4−37。イーグレッツ戦を彷彿させる結果。
しかし、いつも出られないメンバーにとってはアピールの場。
しっかりアピールしてほしかったが、南行は強すぎたか。
和中戦から引き続き、ゲームの流れは、トク、モン次第。
自分との戦いに是非 勝ってもらいたい。
得点王はトクとモン。MVPはモン、ケイ、トク
28−49 1Q 8−9 DF体系を変えました。2Q 6−12 ミス多し。 3Q 4−18 リバウンダーがいない。 4Q 8−10。
3Qに取られすぎ・・・・同じパターンが読めない。非常に残念。
でも、2本目で頑張ったってダメなんだよな。すでに大敗してるんだから・・・・ 課題多し。
ビブス2Q
2−35
相手は4.5年。こちらは6年含む。 悔しいとおもうのか思っていないのか・・・・ため息ばかりだ。
どうするんだ。いつも人任せにしているから、自分が伸びないぞ。
11/19 対外練習試合 和中 14−47 シュート率1.8割・・・まあ、仕方ないか。
でも、2日前にバンバン入っていたから、明らかに「気持ち」でしょう。モン4/12です。この入り方は、体が温まれば入る・・・とかではなさそうです。ミニのリングでも同じですから・・・
明らかにセレクションミスです。
1Q 4−19。2Q 4−8。3Q 0−14。4Q 6−6。
向こうは4Q同じメンバーですから、明らかにこっちのDFミスによる点数の差です。一日を通してMVP&得点王はモンです。
2Q 17−20 喝!を入れた後、1Q 14−14。
2Q 3−6。ナイスプレーもありました。向こうは中2なんだから、
うれしい結果です。シュート率も3.7割にアップ!
1Q 18−4 1年です。中2との試合の続きででしたから気持ちものっていました。シュート率は5割にアップ。セレクションもよかった。
ビブス 6−33 1Qは5年&6年センター 2−20 2Qは3リトルズに課題を克服できるかリョウ&テル 4−13  点差が離れるわけないのにこの点差。 
11/6 関東大会予選会 
    決勝トーナメント一回戦
村上イーグレッツ 23−88 まったくランドセルしょってるとは思えない・・・!
体つきで圧倒された。
でも、精一杯やるだけ!
1Q このクオーター何とか食いついて頑張ってほしかった。3−15。シュート数1/11。決してまずくない攻撃。シュートが決まらない!
リバが完全に支配されているので、決まらないと全部速攻でやられる。
2Q 4番が18点とった。4番11番のDFを役割にしてつけていたのだが、1枚じゃとてもとても・・・・4番には2枚つかせれば良かったのだが、身長差が20cmはキツい。結局このクオーター、4−32。
抑えられなかった悔しさが、涙になった。
3Q 8−21 シュート数4/11 4Q 8−20 シュート数4/11。
結局ここのところの課題にしているセレクションの差だ。
うちの全員バスケは出来ていた。ナイスパスもあった。最後をきっちり決められない詰めの甘さが結果に出た。
得点王は8点で シオとリョウ MVP はシオ
11/3 関東大会予選会 予選リーグ 八街南 58−28 良いところの光ったゲーム。各Qダブルでの勝利
もしかしたら、サイコーの出来かもしれない。
ただ、スタミナが課題。
3試合はこなせないと勝ち上がっていけないのに、2試合目のこの時点でヒーヒーだ。
得点王 MVP はシオ
稲丘ライトニング 63−24 1Qで勝負つけろと始まった試合。25−6。集中したかキタ3/3、モン4/7、シオ4/6。と率もよい。
いつもこうなら申し分ないんだけど・・・・!
得点王 MVP はモン9/17
17本チャンスがあること事態、すごいことです。
10/30 招待練習試合 中山MBC 25−72 どうしてこんなに差がついてしまうのでしょうか・・・・
1Q 1−16、シュート数0/9 逃げ腰な攻め。
2Q 2−20、シュート数1/5 6番にやられた。一人で5分戦い抜くことが出来るんだから、スゴイとしかいいようがないです。
3Q 12−18、シオが上から良いプレッシャーを与えてくれているのに、他が反応しない・・・!”シュート数6/13。
4Q 10−18、同じくらいの身長のセンターにプレッシャーをかけられたくらいでひるむ。弱気発揮。もう、こんなんじゃ172cmなんてのがきたらまずダメだね。
背で勝てない時はどうしたらいいのか・・・戦略を思いつくのは一人だけ。
得点王はシオ。でも、10点。
全体での3割のシュート率は、かなり補修する必要がある
MVPもシオ。リバウンドの活躍の評価!
2Q10−22 補修し、もう一度臨む。
悪いところがよく見えた。
良いところもあるが、悪いところはこれからの課題。
サボり癖、学、クセ、足の運び。
彼らの終結に間に合うのか・・・・
10/1 東葛飾ミニバス交歓大会
決勝リーグ
松戸ミニ 39−37 大金星!優勝!
まさかやってくれるとは・・・・
「走り負けるな」と「DFを怖がるな」でのぞんだ試合。どれだけ近づけるか楽しみでした。
1Q13−4.2Q3−13で前半16−17。前半に離されなかったので、もしかしたら・・・と感じ始めだしました。なぜなら後半はちゃんとみんなが集中すれば自信があったから・・・。3Qは12−8。シオが格別!すばらしかったです。
接戦中、最後まで最後の1秒まで・・・・集中力がもつか・・・とヒヤヒヤしながら見てました。4Qはわりと元気なリョウを走らせたところ、これが効き、4Q11−10でした。よく頑張りました。
ラスト16秒で松戸がタイムアウト。
フリースローが入ったら・・・のDF。作戦通りにはいかなかったけれど、
今回のラストはOK。前回のセントの敗戦が良い素材だった。
28日→30日→1日となんだかとても良いムードでもってこれた。これが良い結果を生み出した要因でもあるかな。やっぱり、チームの要クンのおかげですかね。
得点王はシオ。 次点はモン。
MVPもシオ!攻守共に評価高い。
でも、リョウも4票獲得。DFと決勝点になったフリースロー
野田中央オリーブ 49−26 VS松戸で集中力を使い果たしてしまったようで、なんとシュート率は3割。モンが5/10で良い方で他は話にならない。
疲れてもゲームは支配しているんだから、外したシュートはもったいないです。オリーブは一年生も出ていました。
一年生でもしっかりDFしてたぞ。出来ないうちの6年は反省すべし。
MVPはモン&トク同数です!ショウも入ってたぞ
表彰式 ヤッタネ!東葛一位になったよー。スゴイね。年間目標達成!
9/23 練習試合(招待) 市川大野MBC 34−45 相変わらずでかいナーと感じました。昔のうちのチームを思い出しました。安心してリバを見ていられる・・・きっと大野の監督さんはそう思っているでしょう。でも、うちだって負けていません。空中戦はきっと制す!そう思っています。ただ・・・・飛ばない・・・初めからあきらめてる!
ほんと、細かいところですが、今のチームはそうゆう気持ちのミスが多いです。強敵に立ち向かう事のできる環境は幸せなんですよ。
チャンスがあるなら立ち向かえ!
1Q2−10.モン、またしてもネガティブ思考 
2Q9−8.トクをうまく使った
3Q15−17.シオの頑張り
4Q8−10.当たり前のことだけど、きっちり最後まで決めてくる方が勝利を得るよね。リバ制することはできず終了。
結果的に9点差だから、1Qにもう少し点を抑えられれば、おもしろくなったかも・・・!惨敗です。前から押さえられない3人に加え、5番が外から打って入れてきました。恐るべし大野さん。
得点王は・・・・な、なんと!トク 次点との差は1点 シオ 
MVP・・・シオ
セントフェニックス 32−33 いやーやられた。と言うよりやってしまった・・・・だよね。
相手は小さくてドリブルでつっこむか、アウトサイドで決めてくる。
ときどき、センターも生きる。とにかく左右の動きがおおいです。
バスケって本来そうゆうモンなんだけど、うちはなぜか縦しかできないからね。3Q4−14。取られすぎた!4.6.7.にやられた。しかもうちはスタミナ切れ。何をやってるんだ・・・という場面が多かった。
4Qラスト14.4秒  
丁寧に運べーと言ったそばから、パスミス!なってこったい
練習試合でよかった・・・
ま、3Qの時点で戦略失敗。鉄壁がいない中のDFの形を模索中なだけに
痛い敗北・・・(;´д`)。
まあ、この試合でしっかり勉強するように始めに伝えてあるから、しっかり各自が勉強したことでしょう。
次の試合が楽しみです。MVP・・・モン
八千代
スターキッズ
38−24 少しひやっとする場面もありましたが、まあまあ、大丈夫でしょう。
しかし、よく落とすナーもっと丁寧に打てよ!フロントに運べたってきっちり決められないなら、最後までやれよ。とにかく雑です。結果を焦ってる感じです。モンが16点で得点王。3Qに1/5ですが後は100%の確率です。もっと自信持って行け!MVP・・・シオ
9/19 練習試合(招待) 金町
レインボークラブ
70−13 4Q
30−10 2Q
めあては高さ&セットからのプレー。
1Qにモンがノルマ達成!肩の荷が下りたようで、大爆発!22得点。もちろん得点王です。
ケイもぐっとよくなり、6/9。こんなにシュートを打ったのは初めてではないでしょうか・・・。キタ、リョウ、ギン、トクは相変わらず確率が余りよくないのですが、からだの向きと、タメさえちゃんとやれば、入るようになるはずです。まだ、力が入っちゃってるよな。
結局、この日、ノルマ達成者はモン一人。努力したと自己申告したのはムカ、モン、キタの3人のみ。
努力しない者に進歩なし。
  4.5.6年 ビブス 6−3 4年と6年。5年と4年の、ミックスチーム。
良いじゃないですか。ジュン1/1。ミヤ1/2。
オカは1/4。まあ、OFはいいとしても、DFはボロボロだね。
がんばらなくては・・・・ね。
9/10 練習試合(対外) 松戸二中 20−62
13−36
ABに分けて対戦。
なんとか高さを習得したい。OFはともかく・・・・DFは進歩ないナー
9/4 東葛飾ミニバス交歓大会 
予選リーグ
二ツ塚ロケッツ 36−35 クビの皮一枚・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・負けたも同然。
シオ、テツ、リョウ欠で12人での参加。楽には戦えない、厳しい試合になることは否めないが、立ち上がり、雰囲気に負けた。完全に、ホームコートの二ツ塚に飲まれてしまった。前半は18−16でかろうじて勝ちで折り返し・・・ツライ!この点差はやばいなーーー
3Q、高さがない、高いはずのモン、キタが機能しない。8−14。これはまずい・・・!26−30で3Q終了ブザー!う、厳しい・・・ケイに変えトク!よっしゃートク投入で何とか追いついた!残りタイムわずか・・・36−35。(*_*) マイッタ!なぜかいつも大事なところでファウルをするおバカちんが痛恨のファウル!幻のカウントコール。有効なら36−37。嫌な気持ちのまま終了。天の思し召しだ。
気持ち作り・・・ 初戦は大事な試合・・・
           シオがいない・・・そんなこったで
   大事なマイボールを邪険にする自信喪失のかたまりな奴ら
                                       でした。
それでもタクは10点 得点王&MVP 「ガッツ」評価  
旭町ミニ 73−20 幅のある選手がいる力強いチームです。
最初に頑張ろうと言うことで、1Q14−1。思ったより得点できない。誰が運ぶのか・・・またしてもガード不在だ。
2Qムカが頑張った。5番に10点も取られてしまう相変わらずマンツーのできないのがいるものの、前半28−17で守りきった。
これで満足してるのか!と叱咤したところ、20−1。4Qは25−2。失点を防ぐことができた。
モンは20点 得点王&MVP インターセプト シュートの評価 キタも13点 タク10点 ギン8点 テル8点
鎌ヶ谷MBC 60−10 2日目をくくる最後の試合と言うことで、全員出場。
さすがに疲れたらしい、シュート率ガクンと落ちた。
タク4/14、キタ4/12、モン8/13、テル1/8、ムカ2/7・・・・・
どうしても決めなきゃと言う気持ちが薄かったか。この率は許されることない反省材料です。
今度からおとした本数だけバナナ食わすぞー!
得点王はモン V2 
MVPは7人に票がわれました。今回は該当なし
9/3 第11回 成田杯 1回戦
成田シューティング
39−15 よっしゃー初戦突破!これで勢いつくか。
シオ、みんなへの声かけを欠かさない。良いムード作りをしてくれた。
ナイスカットでチームの勢いをつけた。前半15−10で折り返し、3Q。
DFをよく頑張った。12−0の完封。スバラシイ。
タク10点 ギン6点 得点王&MVPはシオ 12点
モンは相変わらず、弱虫君になり不発・・・2.3Qシュートまで持っていけない。放シュート0本
2回戦
美杉MBC
44−22 今期2度目の対戦、前回は1点差でかろうじて勝った試合。
気合い充分!自信にあふれていた。
2Qの14−2が効いたか、点差は縮まることなく勝利。
ボックスにして4番マーク。全員DFでしっかり守れた。
4番を封じたタク MVP
キタ、しっかりとリバウンド王へ 得点7点、、モンやっときたか8点
トク6点、得点王はV2 シオ15点
3回戦
山田MBK
38−33 恰幅の良い選手が3枚もいる!
なんとか、しっかりセンターを守ってほしいと願いつつ送り出し・・・
前半6−6。シオのカットがうまい。あえてインターセプトに行かず、冷静にカット。頭脳勝負だ。ムカもしっかり走り速攻に貢献。ムカの新境地。2Q、技術力のある11番に翻弄されつつも、13−12。前半19−18。ふう (;^_^A ・・・ハラハラ・・・
しかし、キタがしっかりと声を出し気合い充分。よし!いけるかも!
3Qの立ち上がりケイ&タクの頑張りで更に効果アップ。10−5で抑えた。4Qは9−10で追い上げられたが、38−33で勝利!
な、なんと初優勝だ。
万歳三唱うれしかったなー
得点王はナシ、とにかくみんなが平均的に得点!よく頑張った。
「カットしまくり」の評価で シオ V2 MVP  
チーム力と、最優秀選手賞のシオのカット&パスの 結集の勝利!
表彰式 おめでとう!緊張の中、よく頑張ったね。

バンザーイ!手をつないで三唱しました。
8/20 練習試合(対外)堀切小 小山城南 17−58 ここのところチームを引っぱっていた、シオ、キタ、タク、そして、育ち中のトクを欠くメンバーで、どのような試合展開をするのか、不安と期待のこの日。ケイキャプテンでスタート。
ダメだこりゃ。アップのストレッチ、本気でやってないな・・・
まず1試合目。もん、攻める気なし、。リョウ、キミはなにをしたいの?
やっぱりダメか・・・と絶望感に浸っていたら、ギンが必死にボールを運ぶ!そしてテルがシュートを決める1Q テルが7点 7−18。
2Qは相手が大きい選手を揃えてきたのに対し、こちらは