H21年度                                  99戦53勝44敗2分  勝率5、3               
                                                         
★写真はクリックしてね★3/1、6/7、8/1

日時 内  容 対戦相手 結  果 戦  評 photo
最新情報 ・・・更新中・・・
3/22 交流試合 我孫子ラビッツ 41−16 8分×2Q
流山スワローズ 20−27
3/21 引退試合 127−0 あーどうしよう・・・こんなに差をつけて勝ってしまった。
目標は100点
ま、仲間を相手に100点決めてしまうなんて、ちょっとかわいそうな気もしますが、こんなに上手になりました!というところを 
お母さんたちに見ていただきたかった。
よく走り、よく攻撃し、自分のやろうとしていることをめいっぱい
カラダで表現した。
チビたちは泣きながら試合をした。
この悔しさは忘れないで、しっかり練習していこうと誓った。
3/6 松戸交流試合 小金原 28−30 えーーーーーーー!
残念です。しかし、試合間が開きすぎた。
この間に 選抜の練習がバンバン入っており、チーム練習はしておらず・・・・でも仕方ない。
両立はできない。
選抜の3人が本当に目をつぶってでも 3人で意気のあったプレーが出来るようになっていたはずだった。
これが現実、これが実力。
恐ろしく外したシュート。意識1つで変わってくるが、いい加減な性格が時折姿を見せるため 自己反省なし。
10/53 入っていたら余裕で勝っているのだろう。
ハルが体調不良で出場できなかったのも x残念の要因。
最後なのに・・・もっと 頑張ってほしいです。
マザーズからも喝入れられ、泣きまくる彼女たち・・
得点王はマナ 10点
MVPはポン  周りもよく見えていたし、自分で突っ込んだりもしていた。
流山スワローズ 27−21 ギリ勝ちですが よかった。
リバウンダーを厚くし、セットプレーからの攻めを補習。
「ダメだ」と思ったシュートは入らない、だったらはじめから「入らない」と思ってリバウンドで勝つ用意をすれば良いだけ。
得点王はなし 
MVPはマナ  速攻を何度もしてた ドライブインが良かった
1/24 千葉県ミニバスケットボール大会  決勝トーナメント 片貝サンウェーブ 28−93 以前にも対戦したことがあり、子ども達には”強い”という先入観があるようです。確かに うちとは違う。
スピード、パス、シュート、ディフェンス力・・・だからといってチーム力で戦えない。現在のうちのチーム力で戦える相手ではない。
だからこそ こんな試合は こんな相手は 自分にどんなことが出来るのか どんな挑戦をするのか を試すいい機会なのです。
迷いながら 自滅していく 他のメンバーとは違い ハルは自分の力を試し続けた。 9/13 外したシュートの中には、本当におバカチンだなーと思うようなシュートもある。でも、ハルらしい素晴らしいシュートもある。 かっこわるかろうが どんなに笑われようとも果敢に挑戦した心意気は 高く評価したい。
本当がんばった。(⌒∇⌒)
下手でも下手なりに 根性を出してがんばった。 強い相手には通用しないシュートの形もわかった。 失敗してふるい分けが出来るのだから、この挑戦は彼女の今後に 大いに役立つと思う。
ある意味自由なハルと対照的に キャプテン ポンは がちがちで
重圧につぶされ はかなく・・・。 小学生の心を超えた 反省文、いつか この子達は化けるときがくる。 それが近いうちなのか ミニでは間に合わないのか・・・毎年のことだが 予想つかない。わからない。
ベアーズにいるうちに化けてくれると、さらにスキルアップ出来るのだけれど、目の届かないところへ言ってしまった後では、助言してあげられない。 
しかし、準々決勝で片貝が敗れ、驚いた。上には上がいる。
得点王はハル 19点
ずっと練習してきたOFやDFが 見られなかったことは非常に残念。強い相手にこそ 試してほしかった。
先を見込んでコーチングしてきたのに・・・(T^T)
MVPはハル  ジャンプシュート。やレイアップをバンバン決めていた。
ウェスト 42−34 快挙! \(^O^)/
決勝トーナメント一回戦突破!ベスト32 に入りました。
311チーム参加の 1/10に入ったことは とても今年のチームとしては考えられません。
調子が悪かったとはいえ、いつもの事ながら みんなが攻めて得点につなげた。これが今年のベアーズ。
攻めはまような。
迷うから シュートが外れてしまう。
得点王はマナ 16点
MVPマナ  積極的に攻めてファウルをもらい フリースローも決めていた。
1/17 千葉県ミニバスケットボール大会  
予選リーグ

青葉台 52−17 よく攻め よく走り 試合を楽しみました。
勝てるうれしさ 勝つことの楽しさを 感じたのではないでしょうか?
相手がどうあれ 自分たちの練習してきたことを発揮出来るといいです。でも基本 1対1。
そんなに チームオフェンスにこだわらなくてもいいです。
よく攻めたから得点王はポン 19点
三山 59−28 今年の女子チームは空気が出来ると すごいパワーを発揮する。
そこへ持って行くまでが なかなか
でも今日は勢いは止まりません。 みんなで最高の声出し。
声出し番長のポン大活躍!やっぱり声は元気の源です。
得点王はポン
 22点
なみおかフレンズ
(代表決定戦)
51−24 ことしもこの舞台へやってきた。♪
代表決定戦
緊張するべき空気も 今日は感じない。
ベアーズの幸せ スマイルベアーズで やる気みなぎる。
得点王はハル
 17点  みんな同じくらい攻めた。

今年のチームは、因縁の対決を引っ張っている。
その試合を吹き飛ばしてくれるくらいのいい試合をしたようです。
最高の絆 つなげたのではないでしょうか。
イイ仲間たちです。
いつもこうならいいのに・・・・(o´∀`o)
MVPポン  パスインターセプト、やっぱりドライブインがよかった。
1/9 対外練習試合 小山第一 40−26 出来はよくないものの、自信を持って戦う姿勢はいい。

はりきって試合に臨み、がんばろうとする。これが一番!

得点王はポン 20点 
みんなが少しずつ進歩しており、今回のMVP評価は 4年生のナナ。がんばるねー 
MVPナナ  細かい足さばきでディフェンスを振り切っていた
36−50 体力限界?
2Qのちょっとしたいい加減な6年生の行動が、結果を作った。
いつも通り 前を走るマナ、とりあえず パスのハル、自信がないユキ。でもやるしかないのだ、あーだこーだ言ったって、出てる選手がチームを代表する選手らしく 振る舞ってくれるだけ。
根負け、走り負けは 技術とは関係ない負けだから、
なんだかイヤだなー
やっぱり五つの一生懸命を全力で尽くすんだよ。
その向かっていく姿勢を、後輩達がまねていくんだよ。
得点王はポン 12点 
新松戸ドリーマーズ 27−38 惜しかったね。
ベストに4年を持ってきて 3〜4Qをトライ。
しかし ガッツだけでは難しい。

6年生は6年生の頭。4年生は6年生よりは人生経験の分 賢いとおもう・・・個人的な考え。 
第3までで22−26
ドリマの組織的な攻撃が崩せず、敗北。
しかも 体力がそろそろ尽きてきた・・・
全員が同じくらい攻撃し 得点王はなし。
なかなか練習組のトライアングルプレーは、でないね。
いつになったら成功させてくれるのか・・・

MVPポン  チームの流れを作ってくれた
12/26 対外練習試合 川上マウス 33−20 いいのか 悪いのか 全くつかめない。
DFは少しずつ出来るようになってきた。マナが7/7という集中力のある攻撃をみせた。
DFもよくできた。しかし 練習の形ではない 相手に対応した形。
よく封じ そこから 攻撃の糸口を作った。
しかし他の人は シュートは入らない。
やはり 彼女たちの言う”気持ち的”なところが多く左右しているのか。そんなんじゃ困るのだけれど・・・
得点王はマナ 14点
みつわ台MBC 29−29 ポン 3/11  もう少し何とかならないのかな・・・
めちゃくちゃに攻撃をしているのだが、調子はいいと映る。
じゃあ シュートが入ったら 本当に強いんじゃないか。
勝ったのに 追いつかれてしまうのは やはり 考え方の違いだと思う。
最後にハルの痛恨のファウルで相手にフリースローを与え 同点にしてしまった。どうして シュートファウルをしてしまうのか。
ボールをもたせなきゃいいのに、もたせてしまって ばしっ・・・
エンドラインにカットボールにしてしまえばいいのに、たたく
前にも指導したのに。得点王はハル 11点
朝日ヶ丘シャイニング 26−51 シュートが入っていたら 互角勝負。
結果はダブルスコア。
どういう気持ちで放つのか?
やはり大きい子がいるから プレッシャーなのか。
あーだめだ   かな。
エンジンがかからず 終了と いう見解。
エンジンに着火するのは誰だ? キャプテンか?コーチか? 
お母さんか? はたまた・・・
12/27 対外練習試合 鎌ヶ谷東部 30−31 おしかったね。 4番がいないからなんとか ここで勝っておきたいというのが彼女たちの考えだった。
焦る気持ち=攻撃めちゃくちゃ
先の予想をしなければ ナイスパスはない。
ポンの攻撃は思い切りのいい 積極性だが シュートをいれるつもりはない。
ちょっと考え方を変えて シュートはいるためには どう動いたらいいかを考える。変えていく。

得点王はポン 18
MVPマナ  素早く動いてシュートにつなげていた
32−42 やっぱり勝てなかった。 勝てるはずのないシュートの雑さ。
ひどい精度です。それでも6/12で得点王はポン 18点
12/19 招待練習試合 北方MBC 41−20 時期的に 人数も揃わず 申し訳なかったです。
本当に どうしたら 精神的に変わってくれるのか・・・
一本でも外したら・・・の言葉がなければ バンバン外していいんだろうか。
得点王はハル 17点 でも半分しか入っていない。
CMB 48−18 4人で何が出来るのか のプレーを練習しています。なかなかうまく出来ませんが、いつか実るはずです。しかし 挑戦して失敗がなければ 実りません。
どんどんやってみて。 出来るときの挑戦しないと 成功の形が見えないよ。
得点王はなし
2Q 22−9
ファイブエース 13−59 ボロ負け(ToT)。
フルメンバーじゃないのに こんな負けじゃ 
あーだめだ・・・といういい加減な性格がでなければ もっともっと
成長するのに・・・性格は治せないから自覚するしかありません。
12/12 スポ少ミニバス教室
 山武大会 予選リーグ
JTスリーパーズ 21−63 前週の練習試合に引き続き メンバーの揃わない状態での参加。
厳しいけれど、個々の成長のためには イイ刺激になります。
問題は 3Q・・・ 6年3人 4年2人で出たのに 4−28と 相手のDFにはまってしまったこと。いい加減な気持ち、投げやりな気持ちになってはいなかっただろうか・・・
真剣勝負を捨て もういいや・・・と思ってコートにたっているのなら
立つ権利はない。 本当に それだけしか出来ないのか?と自問自答してほしい。
得点王はハル 10点
MVPアン  とにかく一生懸命頑張っていた。
片貝サンウェーブ 21−53 1Q目 3−20 2Q目 2−19 完全なレベル差です。
昨年も当たっているだけに、顔見知りもいるようですが
おなじ学年でのレベル差を 本人達はどう感じたでしょうか。
個人の運動能力は低くはありません。
後はバスケットをすることに対しての動きの理解。
何とかしなくては・・・
残念ながら 予選リーグ 完敗に消えた。
強いチームと戦える幸せは感じられないくらいの 強豪でしたね。

得点王はなし
MVPハル  
12/6 県北リーグE 流山イースト 33−42 勝つか負けるかで順位が決まる一戦だけに
負けられない!
と挑んだはずだったのに・・・身体がガチガチで どうしようもない。
それでも がんばった。 3Qまでは28−30
なんとか・・・
ハルを抑えたれたらプレーが始まらない。
少し頭の中が凝り固まってしていた。
バスケットを勉強して ステップアップするんだ。
よく頑張っているよ。でももう一線あがれるはず。
身体的能力があるんだから 勉強次第だよ。
得点王はハル 16点
MVPハル  ジャンプシュートでファウルをもらってた
白井ファースト 57−36 冷静にがんばった。
仕上げのDFもそこそこいけた。
練習不足のメンバーも含め よくマッチできたと思う。
信頼なのかもね。
得点王はマナ 16点

ということで 県北2009は 2位が5チームならぶ混戦で終了でした。長い間 よくやりました。ご苦労さんでした。
MVPマナ  細かいドリブルで相手を抜いてシュートを決めていた。ポンとの速攻がよかった。
12/5 対外練習試合(草加市) 氷川 25−50 完封されたQ 二つ・・・自信喪失もいいところだろうね。
世間のチームが強いのか・・・うちが弱いのか・・・
攻めることが出来ているだけに、シュートが入らない事が足を引っ張る・・・
くじけず がんばろうよね。
得点王はポン 14点
MVPナナ  速いレイアップが決まっていた。
リベルタ(入間) 20−40 ハルなしでどんなところが きつくなるかといえば、第一に背!
守ることより 攻めることの方が好きな彼女たちにとっては、
リバウンドさえもとれなくなってしまう。
なんて現実は厳しいんだ・・・と実感しながらもみんなはがんばったのだろう。それでも いいところを見つけ合う彼女たちの素敵さが私は好きです。
得点王はポン 8点  さみし・・・
MVPユウ  ゴール下まで一生懸命走っていた。
岩木MBC(野田) 25−52 まだ 調子の悪いポンは自信がないのか 攻めることをしなくなった。でも、6年一人でQを任されたのだから、そこは一生懸命1対1に挑戦すべき!
4、5年生がだめだから 自分の力が発揮できない・・・というのは責任転化しすぎです。下級生をカバーしてあげられない自分の力のなさに、立腹しさらなる努力をすべきです。
過去のベアーズは、いつも学年が少ない。2人でがんばってた年も多くあります。もっと自分磨きをがんばっていたよ。
得点王はなし
MVPポン  人一倍頑張っていた。
11/23 県北リーグD レッドローズ 21−30 あーあ 負けてしまった。
4Qから勝負がかかってくると、お互いにいろいろ頭を使ってくる。
こんな感じに接戦で考えるバスケになると お互いをたよりすぎ
残念ながら自分でタイミングよく攻めることが出来ない。
ちょっとだけ バスケットがたらない・・・・
ミニバスだけでは、このような勝負には勝てないぞ。
得点王はポン 12点
ほかの6年は 外しまくり・・・「入れ!」という一か八かのバクチシュートばかりです。やめてー
MVPレイ  ドリブルシュートをねらってファイルをもらった。
60−27 心に余裕を持って戦える相手だけに率もいい。
やはり メンタル面なんだ。
女の子はどこもこうだけれど、投げやりやいい加減な気持ちにだけはならないでほしい。
動きながら・・・という動作がまだまだ 出来ない5年生4年生は、はやく ランニングミートなどの動作を習得してほしいです。
ファウルが減った分、ブロックショットなどをさぼったという反省もある。やるなら ちゃんとやれ
得点王はマナ 16点
しかし ハルも今回に限り 「外したら・・・」とう言葉を受け 7/7です。いつも そういう気持ちでやればいいのにな。
MVPケイ  負けているときも声出して励ましてくれた。
11/15 対外練習試合(船橋) 七林 26−60 やっぱり 船橋の相手は強かったです・・・と彼女たちからの意見。
監督さんも凄みがあったけれど、子ども達も攻める意欲が強かった。点が入らないときのアウトサイドとか重要な点を取れるだけに、いっこうに流れはこない。
進歩しながらがんばっていたものの、びびりシュートもあり得点は低かった。
得点王はポン 9点
41−52 どうせ負けるんだから、思い切りやる。
出来ることをせいいっぱいやる。
さっき出来なかったことをしっかりやる。

がんばった。 
得点王はマナ
 15点

ハル 5/17 です。 外したシュートは 相手の得点だよ!
頼む!
MVPマナ  マナのシュートで流れが変わった。細かい足さばきでよかった。
11/14 対外練習試合(白井市) 八千代ラビッツ 22−41 うーん・・・・できないか。
まず、勝てるはずのないシュート率。
どうしてなんだろう・・・・
同じように練習しているのに、男女でシュート率に差が出る。
同じ本数の攻撃(むしろ女子の方が多い)のに、入らないから勝てない。入るから勝つ。の違い。

とにかくこの日も 不発に次ぐ不発で・・・
9/37で完敗
得点王はあげません

ファイブエース 20−46 仕方ないよね。
相手は強いから・・・で済まされるのか。
8/45 です。 ただ、やればいいんだよね。
試合をやるだけで楽しいんだよね。
「あー 今日も試合だった。疲れた」といって帰りたいんだよね。
試合で学ぶ事が出来ないこのチームには 試合での切磋琢磨は必要なかったのかも知れない。
ちょっと いろいろ考えてしまう。 残念な結果だ。
MVPマナ  インターセプトがよかった。よく走ってた。
ワイルドキャッツ 52−22 ちょっと元気が出てきた試合。
出足が遅いのはいつものことですが、午後にならないとエンジンがかからないのか?
得点王はポン 18点

MVPマナ  インターセプトがよかった。そして自ら持ち込んだレイアップがよかった。
ジュニア(ワイルドキャッツ) 10−9 ナナ 強烈に攻める。
しかし入らない。ちょっと練習が足らないかな。
ジュニア(ファイブエース) 6−16 出来ることをやればいいんだよ。まず ドリブルシュートや走る!っていうことをやってごらん。
11/3 対外練習試合(印西市) オリオンズ 45−30 おっと、勝つとは思わなかった。
”新生”育成中だけにどれだけの戦い方をするのかは、常に手探り・・・
しかも積極的なDFがファウルに捕まってしまうと、あっという間にアウト!どきどきのベンチワークです。
それぞれが違う役割をこなし まずまずのがんばりでした。
 得点王はマナ 18点
そうだよ。チャンスはキミにもたくさんある。
ナナの4点奪取も評価したい。しかもフリースローもある。
MVPナナ いっぱいゴール下シュートをしていた。
34−39 あーあ 残念。
この2試合目の落差はいつものこと。
まったく集中力の続かない人たち。
シュート率も5.1から3.4に一気にダウン!
勝てる試合も勝てない。いつもの攻めて攻めて負けるパターン。
これだけは伝統にしてほしくないのですが、女子チームの毎年の共通点。なせだ・・・・
性格的問題として流してしまうには、一試合の貴重さを感じる事が出来ないから、ここは叱咤ですね。
得点王は当然無し
2Q 18−8 前回の練習試合はこの2Q戦をジュニアにしたら、6年生はベストでの戦いをして自分たちの力を試したかったと嘆いた。
ハルが抑えられてしまったので、ポンとマナがうまく攻めた。
得点王は同数のため なし 
ジュニア戦 なんと1個目 8−8 2個目 12−12で 2試合とも引き分けでした。
10/31 招待練習試合 新 井 56−21 相変わらずのシュート率です。
なんでそんなに焦る必要があるの?と不思議に思います。
やれやれーって思っているのでしょうか?
平均2.7・・・攻めて攻めて負けるパターンのリズムです。
なのになぜ勝てたかというと、ゴール下でのマナのカットボールです。連続で決めたり、常に狙っていたようです。
得点王はハル 29点
ちょっと 進化してきたゾ
MVPマナ 相手のボールをカットしてた
流山イースト 46−39 キーマンのDはケガのため出場せず。
ちょっといい加減なところもありますが、すこしづつ 形が出てきました。とにかく がんばろうね〜
得点王はハル 22点
この日はハルが調子よかったのかな
でもこの日だけ よかった・・・というのは困るよね。
それぞれの役割をしっかりやっていきましょう。
10/18 対外練習試合(つくば市) 北条ミニバス(茨城) 39−55 新生ベアーズの育成スタート
もしかしたらこの試合はいけるかもしれないと思いましたが
なんだか いい加減な性格が全面に押し出され、どうもこうもユキファウルアウト。他の6年も 退場ギリギリでした。
とにかく 攻める→外す→取られる→やられる の順で 点差は開いていき 前半 14−29 
相手は 6年が抑えたれたら 下級生が攻める
うちは?・・・・どうしよう!!!
後半は少しいい勝負になったが、セレクションの悪さ、つまり自分のいいところが活かせず 25−26
仲良しのライバルたちが ハーモニーを奏でつつ 最高のコンビに生まれ変わってくれることを期待しつつ この試合を今後に活かしましょう。
得点王はポン 9点 でも本当は37点とれてる?
MVPなし  
小山第三(栃木) 32−79 大きいチーム
ポストプレーを多様化した攻撃をする。
1Q 6−27 しょうがない でも攻撃出来てない訳じゃない
2Q 12−19 シュート外しまくり・・・
入るべきシュートは決めないと くるしいだけだよ。
得点王はハル 18点
ジュニア戦 北条 17−23 また ナナがいたら展開も違うけれど、いなくてもとりあえず フロントコートまで持ち込んで 攻撃することは出来る
ここから 得点にするスキルを積んでいけばいいでしょう
えー!モカ 得点王 7点
10/17 招待練習試合 松江キッズ(東京) 37−35 初戦勝利
どうしてかというと 前半 0−24だから・・・
全く歯が立たず・・・・・13本のシュートもむなしく リングにはじかれ・・・・・
3Qは 続けて出ていた6年が下がる。しかし作戦通り 格下相手に3Qに決まっていたDFをしていたが 前からDFをして得点をたくさん取るように指示をし動く。
状況を読んで自分たちで勝負所がわかるようになるとGOOD!
25−2 これで 25−25 イーブンにもどった。
勝負の4Q 12−10 で勝ち越した。
得点王はマナ 9点
MVPマナ  インターセプトがよかった。
31−69 次も勝って本物ですが、やはり メンタル面でしょうか
第3までに、ほとんどシュートは入っていません。
4−21
ハルはファウルアウトしてしまうし・・・・
まったく 問題だらけだー
10/4 東葛飾ミニバス大会
予選リーグ
和名ヶ谷BS 45−19 相変わらずファウル多い、アップ不足か・・・下半身の動きがない。
金曜日の練習で、これをアップに入れてねと行って託したメニューはやってくれず、自分たちで考えることは出来なかった。
昨年もここまでに53試合だから、試合は経験している。しかし、バスケット経験がないんだろうな。
まだ、バスケ感は育っていない様子。バスケは陸上じゃないんだよと言われた言葉を思い出す。確かにリレーの選手だらけの女子チームだが、バスケの成績に活かされていない。ひたすらまっすぐ走る・・・何度か修正したがなかなか手強い。
ま、これが女子チームの特徴。マッスルメモリーまでやるしかない。
今回足の速さを活かすシステム変更にチェンジを試みたが、残念ながら完成できず 大会を迎えた。期間が短かったのと、学級閉鎖で自粛してもらう子もいたので、ベストメンバーがそろわない。
しかし、今回の成長は、出来ないなりにもみんなが 1対1に挑戦したこと。マナ、ハル たくさんトライした。だが、トリプルスレットのセレクションは違っていることも多い。
大きなステップとして広い心でうけとめよう。
得点王はポン 17点
MVPポン  よく走ってた。ロングシュートも決まってた。
新松戸ドリーマーズ 22−57 すごく緊張したーと第一声・・・
要は堅くなってしまい、酸素もよく吸えず 脳に酸素が行かなきゃ考える力も衰え 頭は真っ白になる・・・・勝つための動きにはつながらないという悪循環だった。
君たちのスローガンは何だよ!
と試合後 怒りをぶつけてしまった。
チームワークのかけらもない!
声かけしたって返さない。シュートが入ったって喜び合わない
ケイはやったというが、一心同体にならなければやったとは言えない。キャプテンについてこない同士達なんて、そんなメンバーで最高のゲームは作れるのか?

第1、果敢に勝負するが2/10しかシュートが入らず、点差が離れてしまう。第2のメンバーは逆転可能なメンタルは持てないメンバーだが、どうだろう・・・・20点離れると厳しいなー・・・少しずつ戦意うせていく・・・絶対にあきらめていけない!
第3、3−8・・・よく抑えた。ちょっと勘違いDFもあったが、集中した。
しかし ここまでか 息が出来ません・・・と訴える。
せっかく がんばったのにここでおしまいなのか〜と酸素吸入。
休ませてあげたい気持ちもあるがあまりにも層が薄い!かわれるメンバー・・・がいない〜 。 おのおのがよく頑張りました。
修正する部分は山積状態ですが、出来ることをのばしていくしかありません。だって攻撃はそれなりに出来ているんですからね。
今回は残念な結果になりました。大差がついてしまった分は今後埋めていけるかわかりませんが、レベルの引き上げをしなくてはいけませんね。
今日この日より、新生ベアーズスタート!
得点王はポン 9点さみしい・・・
MVPなし  ハル ケイ 同数
9/23 県北リーグC 高野山 30−38 中途半端な気持ちと 中途半端な仕上がりだった。この一敗はキツイ・・・・
運動会から気持ちのスイッチは入れ替わっているのだろうか。
東葛大会に向けた練習を始めたのだが、メンバーがそろわず完成できない。それをやろうとしたメンバーと 知らないメンバーが 混雑しなんともアンバランスな状態。失敗した。完全に当方のミスです。練習を始めたものの練習回数が足らないから 夏休みを思い出して・・・なんて無理な話で、子ども達は一日一日 上書きして生きているのですから・・・
かといって この県北が終わって1週間ではとうてい無理。
どうしようもなかった・・・
 3割しか入らないシュートと 何をやろうとしているのかはっきりしない攻守。しっかりと明示して導いてやれなかったのは残念。
こんなにバラバラになってしまうとは思わなかった。
大事なときにファウルアウトしてしまう2人も、はやく正しい方法を身につけてほしいと思います。

第3終了時 27−22 このままいけるかと思いきや・・
ハルが徹底的に2枚にマークされているのに、スピードをおとし
ハルを使おうと狙う。またはハルにリバウンドを期待し 入らない形のシュートを放つ・・・・確実な方法で点を取ることをかんがえていれば、圧倒的にリードしていたはずだったのに・・・
どうして女子のスコアラーは毎年大変なんだ? 斜線だらけだ・・・
的確な言葉かけで 修正してあげなくてはいけないが、まだ足りていないのかな。確率が上がるように、各自努力!
MVPポン  力強いリバウンドで相手をたくさん抜かしていた。
我孫子ラビッツ 58−49 なんともDFが・・・・コースがわかっていないだけに、ファウルが多くなってしまう。
第Aはどうしたもんか・・4−13 パスミス多い。
多分ケイの必殺勘違いだと思う ま、後日 クリニックしましょう。
前半終わって 20−25 
DFの穴が 気になりつつも システムチェンジで少しずつ 乗ってきた。未完成で勝負するこの勇気ある行動・・・!

うちの持ち味は何なんだ?
みんなが役割を考えて 得意を活かせばいいんだ。
高野山の失敗を活かし ポンはファウルゼロ、学習能力をいかしたね。それにくらべ 例の3人は・・・。
たのむよ(^O^)
得点王はポン 27点 
MVPハル  リバウンドシュートを決めてた フェイクをかけて中に入っていくことがうまかった。
9/6 県北リーグB オーロラ 58−30 前半13−17  
バラバラだ。

相手のファウルの多さもあり、後半は45−13
まだ、自分の事がわかっていなんだろうね。

バラバラの攻めは自滅だよね。しかも攻めてたって 得点にはつながってこないんだから まずはそこから・・・
前回よりはいいとはいえ、もうちょっと考えてほしいです。
得点王はなし
MVPマナ  連続カットで逆転につなげた。
66−24 いつもながら緊張しながらの立ち上がり。
かたーい体をなんとかコントロール
少しずつ少しずつ・・・調子をつかんでいき
3Q 27−4
残り2分はナナチーム。
アン、キノも出られた。
積極的に攻め ナナのミドルシュートで試合を終えた。
得点王はポン 20点 
MVPユキ  ルーズボールが強かった、ラインに出そうでも最後まであきらず追いかけていた。
8/29 招待練習試合 鎌ヶ谷東部 30−43 前半 18−21 1Qの負けを2Qで取り返す ミニバス特有の楽しみで、後半を迎えた。3Qまでは5点差で食いついていたのだが、4Q仕掛けられ あっという間に敗北。慌てて攻撃をすることはある意味 自滅を招く。
「勝てる」「大丈夫」という気持ちが大切なんだが・・・
どうするんだ〜?なんて自問自答すればするほど
人は追い込まれてしまいますから・・
しっかり 平常心でがんばっていきましょう。
得点王はポン 14点
MVPケイ  失敗しても声かけしてもり立ててくれた
三郷BBC 22−31 前半 11ー12 今日はいけるかも知れない。
3度目の正直!と思いきや、徐々に差が開いていった。
やはり 攻撃してもしても勝てない もはや女子チームの伝統かと思うような シュート率の低さ
練習中に入ってない場所からぽんぽん打ち 相手に点をあげてしまってはいないか?
なんでもかんでも むちゃくちゃに攻撃していいかどうかといえば、3・4Qは 考えなくちゃいけない。
2割の確率では、いくらフォーメーションを組んだって見込みない・・・諸君 このままでいいのかな?!
8/1 対外練習試合 小金原ミニバス 47−29 合宿で疲れてるのか いやいや完全な寝不足。
妙にハイテンションなカナを筆頭に なんとなく調子不足。シュートのセレクションを何にしたらいいのか わからないくらい落ち着いてなかった。
試合をやりながら、少しずつ自分を取り戻していくのだけれど、めあてが徹底されておらず 個人のめあての為に動いているようだった。
シュート率がよくなってきたので(わずかながら)、得点に結びついている。これでは協同できないね。
ナナが積極的にゴールへ向かうようになった。3人抜き!
相手はセンターの強いチーム。
うちは大きい子が一人しかいないから、守りきれずそこでの失点が目立った。三郷戦も同じような負け方だったね。学習していこう。
得点王はハル 18点
MVPはなし  マナ ポン ケイ ナナ 同数
2Q 17−20 本戦で勝っているだけに、負けるわけにはいかないのだけれど、なんとも残念なゲームになった。
1Qケイ・ハル・カナ 11−4 。
2Qポン・マナ 6−16  最後逆転されてしまった。
ポン2/8 シュートにも攻め方にも 迷いがあった。
ある意味 心に余裕があるから 迷ったりできるんだけど・・・ 攻めている分 自滅はもったいないね。
いいセレクションをしていこう。
得点王はハル 6点
7/20 招待練習試合 新井 68−23 6年にお休みが多く、心配だったが 前半 24−19で
なんとか勝っていた。ほんと なんとか・・・
ハーフの間に Cが負傷で離脱

後半は 運ばせることなく終わった。
得点王はマナ 32点
MVPマナ  レイアップが確実
46−0 小さい子ばかりだったのだが、抑えの練習としてがんばった。どうせ 6年3人しかおらず、がんばるしかないんだ。いつもと違うDF体型で やってみた。意外にポイントを押さえれていた。
得点王はポン 18点
7/18
7/19
サマーフェスティバル
予選リーグ
キャンパーズ 77−19 いい気持ちで試合に臨むことができ すばらしい成果がでた。
よく走り よく攻め 集中し得点を重ねた結果だ。
ハルがセンターラインまで運んでこれるようになり 
ぐっと攻めに幅が広がった。しかし、100%いい攻めにつながるかと言えば難しく、パターンがないので 強い相手に通用するかどうか・・・でも大きな進歩である。
得点王はハル 18点
MVPマナ  一生懸命ボールに食らいついた
平 田 24−73 もちろん 負けるつもりで試合はしていない。勝つつもりで臨んではいるのだけれど、2試合目のパワーダウンは
気力まで奪ってしまったようだ。
オールで当たられ 5秒をとたれてしまう情けない現状もでた。5秒は今年は滅多にないのだが、疲労が足を止めてしまったようだ。
予想外の得点差で敗北・・・・!
シュート率もキャンパーズ戦の半分しかない。うーん
得点王はポン 10点
MVPポン  速かった ガッツあった
古和釜 21−37 ここはなんとしても勝っておきたかった。
監督・コーチの思惑も彼女たちに届かないのか、前日よりさらに 悪い状況。
どうしても勝ちたいと思うと体が硬くなるが それもあったのかな・・・・? 大丈夫、大丈夫、勝てる、勝てる・・・
という平常心が大切だね。
得点王はなし
MVPカナ  たくさんシュートを決めてた
市 川 52−32 ふっきれた。

4試合終わって2勝2敗は いい出来です。
よくがんばりました。
みんながよく攻め すべてのQを勝利した。
もう少し インサイドの守りを学習しなくてはね。
得点王はポン 24点
MVPポン  最高のスピードだったし声も出ていた。
7/5 対外練習試合 三郷BBC 39−71 うーん、きついなー
大きい3人相手にちびっ子たちが 果敢に戦った。
どんなにうまく攻められても 失点は防げない。
仕方がないと思うが、もうちょっと我慢できた。
さっそくリベンジ申し込む。次はがんばろう
得点王はポン 25点
MVPハル  リバウンドシュートが入ってた。レベルアップした。
扇MAX 79ー15 速いバスケットに持ち込めば、有利。
セットプレーになると落ち込む。・・・が今までの彼女たちでしたが、今回はキャプテンがいないから いつもと違う組み合わせでトライ。
ハルが活きた!自分でびっくりする素直さがいい。
自信を持って、やるんだー。
得点王はポン 29点
MVPハル  ゴール下のシュートがよかった
7/4 招待練習試合 西志津 58−45 確率さえよければ 質のいいシュートを持つケイと、とにかく自分の持ち味を活かすポン 足して割るとスーパープレイヤー。
前半のメンバーがまだまだ 空回りのふたり
なかなか 仲良くしてくれない。
心から分かち合えないと いいプレーはうまれない。
かっこつけていいかっこ見せようとしているようじゃだめ

得点王はなし ケイ ポン 同数!グレート!
MVPはなし  ポンとケイのヒート高まる
41−22(3Q) けがをしていてベストメンバーじゃなかったようです。
しかし、みんなでがんばった証の勝利。
得点王はポン 10点
まだまだ補習が終えてませんが、勝ててよかった。
6/28 県北リーグA 向 原 57−16 シュート一本一本の大切さ、 感じているだろうか・・・
とにかく攻めて 攻めまくっていることはいいことですが、
スコアシートの3列目まで言ってしまうのはどうなのか
一人でバスケットをしていませんか?
得点王はポン 20点
ばらばらな気持ちで、一人でバスケットをしていれば
いくら勝っても心の底から 喜べないと思うのですが・・・